音楽



(出典 www.billboard-japan.com)



(出典 www.sonymusic.co.jp)


あの頃はTMの曲って流行ったよなヽ(^。^)ノ

1 フォーエバー ★ :2024/04/06(土) 17:01:37.65 ID:m/3AhyEy9
4/6(土) 16:03配信

よろず~ニュース
「劇場版シティーハンター天使の涙」の発表会に登場した(左から)TM NETWORKの小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登=東京・EX THEATRE ROPPONGI(撮影・佐々木彰尚)

 雑誌「昭和50年男」、音楽エンタメサイト「Re:minder」、CS放送局「歌謡ポップスチャンネル」はこのほど、メディアコラボ企画として開催した「80年代アニメソング総選挙!ザ・ベスト100」の投票結果を発表した。1位は「シティーハンター」の主題歌「Get Wild」に決まった。アーティストのTM NETWORKはベスト10に3曲がランクイン。80年代アニソンにおける存在感の高さを示した。

【写真】「超時空要塞マクロス」の名曲を歌った飯島真理

1位から10位は次の通り。

第1位 Get Wild / TM NETWORK「シティーハンター」

第2位 愛・おぼえていますか / 飯島真理「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」

第3位 水の星へ愛をこめて / 森口博子「機動戦士Zガンダム」

第4位 CAT'S EYE / 杏里「キャッツ♥アイ」

第5位 BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて) / TM NETWORK「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」

第6位 タッチ / 岩崎良美「タッチ」

第7位 哀 戦士 / 井上大輔「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」

第8位 STILL LOVE HER(失われた風景)/ TM NETWORK「シティーハンター2」

第9位 想い出がいっぱい / H₂O「みゆき」

第10位 ペガサス幻想 / MAKE-UP「聖闘士星矢」

第11位 ラムのラブソング/松谷祐子「うる星やつら」

第12位 悲しみよこんにちは/斉藤由貴「めぞん一刻」

第13位 愛をとりもどせ!!/クリスタルキング「北斗の拳」

第14位 ダンバイン とぶ/MIO「聖戦士ダンバイン」

第15位 君をのせて/井上あずみ「天空の城ラピュタ(映画)」

第16位 Angel Night〜天使のいる場所〜/PSY・S「シティーハンター2」

第17位 コブラ/前野曜子「スペースコブラ」

第18位 CHA-LA HEAD-CHA-LA/影山ヒロノブ「ドラゴンボールZ」

第19位 ロマンティックあげるよ/橋本潮「ドラゴンボール」

第20位 City Hunter~愛よ消えないで~/小比類巻かほる「シティーハンター」

 「80年代アニメソング総選挙!ザ・ベスト100」は、主催各社が運営するWEB、雑誌、テレビメディアと、パートナーとなったFM各局で幅広く告知し、今年2月9日から3月10日までの1ヶ月間、特設サイトにて投票を受け付けた。対象アニメをリアルタイムで視聴していた世代からZ世代に至るまで、幅広い年齢層から4000票を超える投票を集めた。

 投票は1980年1月1日から89年12月31日の間に発表されたアニメ作品(テレビ、映画、OVA他)のオープニング、エンディング、挿入歌等、事前にノミネートされたアニソン200曲の中から10曲を選び、1位から10位までの順位付けとともに投票。この一般投票による結果と、音楽ライターやDJなど有識者からなる約40人のアンバサダー投票の結果を集計したものが、本ランキングに反映された。TM NETWORKの「Get Wild」が栄えある1位を獲得、80年代アニソンの頂点に輝く結果となった。

 特設サイトではベスト100までが公開されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d099fed2afc3297b39ac6fea477476c5b375619b

【【ランキング】TM NETWORKの80年代アニメソングが熱い!「Get Wild」を含む人気曲がランクイン】の続きを読む



(出典 pbs.twimg.com)



(出典 bunshun.ismcdn.jp)



(出典 times-abema.ismcdn.jp)


B'z / LOVE PHANTOM - YouTube

(出典 Youtube)


「LOVE PHANTOM」はライブでも盛り上がるので好きだな~ヽ(^。^)ノ

1 湛然 ★ :2024/02/28(水) 06:10:46.46 ID:KRn24Mfr9
【40代が選ぶ】「B’z」のシングル曲人気ランキング! 2位は「裸足の女神」、1位は?
2/25(日) 11:50 林田祐太郎 (ねとらぼ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/51227f0e07bb40cbf4b687c3d96c07e1a756d287

 ねとらぼ調査隊では、2024年2月7日から2月14日にかけて、「あなたが好きな『B’z』のシングル曲は?」というアンケートを実施していました。

 本記事では、寄せられた投票の中から「40代」の結果に絞ったランキングを紹介します。B’zのシングル曲で、40代の人から人気なのは、どの曲だったのでしょうか。それでは、ランキングを見ていきましょう!

●第2位:裸足の女神

 第2位は「裸足の女神」でした。1993年6月2日にリリースされた、13作目のシングル。オリコン週間ランキングで1位を獲得し、ミリオンセラーとなった楽曲です。トヨタの自動車「カローラレビン」のCMソングとして使用されました。

 作曲はギターの松本孝弘さん、作詞はボーカルの稲葉浩志さんが担当した同曲。疾走感あるメロディーと、女性への応援歌のような歌詞が特徴的なナンバーです。

●第1位:LOVE PHANTOM

 第1位は「LOVE PHANTOM」でした。1995年10月11日にリリースされた、18作目のシングル。「第10回日本ゴールドディスク大賞 ベスト5シングル賞」を受賞したうえ、ミリオンセラーを記録した人気曲です。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


調査概要
調査期間  2024年2月7日?2月14日
有効回答数  3577票

投票結果(票数)
順位  曲名  票数
1  LOVE PHANTOM  322
2  裸足の女神  214
3  ALONE  213
4  Calling  161
5  イチブトゼンブ  152
6  ZERO  129
7  ultra soul  126
8  BLOWIN’  111
9  love me,I love you  107
   BE THERE  107
11  Don’t Leave Me  101
12  MOTEL  91
13  ねがい  88
14  さまよえる蒼い弾丸  85
15  LADY NAVIGATION  83
16  Easy Come, Easy Go!  81
17  HOME  77
18  愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない  76
19  ギリギリchop  73
20  RED  66
21  MY LONELY TOWN  59
22  Still Alive  56
23  OCEAN  53
24  太陽のKomachi Angel  52
    愛しい人よGood Night…  52
26  Real Thing Shakes  49
27  ミエナイチカラ ?INVISIBLE ONE?  47
28  今夜月の見える丘に  45
29  IT’S SHOWTIME!!  39
30  君の中で踊りたい  37
※31位以下は省略。

https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/2303705/6

【【B'z】40代のファンが選ぶ「シングル曲」人気ランキング!】の続きを読む


コロナの初期のころにラストツアーが途中で終わってしまって、またやってくれるのはうれしいな(^^♪

1 湛然 ★ :2024/01/21(日) 05:32:40.92 ID:7/sdtJtL9
中島みゆき「ご無沙汰しておりました」コロナ禍以来4年ぶりコンサート開催でファンとの再会喜ぶ
[2024年1月21日5時0分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202401200001094.html
4年ぶりのコンサートを開幕した中島みゆき

(出典 www.nikkansports.com)


(出典 www.nikkansports.com)



中島みゆき(71)が20日までに、東京国際フォーラムホールAで、4年ぶりのコンサート「歌会 VOL.1」を開幕した。

コロナ禍でラストツアーが途中で中止となった20年2月以来久々にファンと対面し、再会を喜んだ。

キラキラ輝くスカートにメガネ姿で、ギター片手に登場。5000人から拍手を浴びた。「ご無沙汰しておりました。中島みゆきです。ようやくお目にかかることができました」とあいさつ。「2020年2月26日、ラストツアー8公演目がまさに始まろうとした時に緊急事態宣言が出ました。公演が終わったら、荷物も舞台もとっととまとめて、夜逃げのように帰ったあの日から4年でございます」と、ユーモアたっぷりに、感慨深げにほほ笑んだ。再び大きな拍手を浴びた。

ライブでは「慕情」や「倶(とも)に」などを歌った。前半のラストで「中島のわがままコーナー。どんな人に歌っているのか見たい」と切り出し、10秒間客席の照明をともす場面もあった。「わ~いらっしゃいませ~!!」と笑顔で手を振り、「元気そうなお姿見られてうれしい」と満足げだった。本編ラストでは昨年公開のアニメ映画「アリスとテレスのまぼろし工場」の主題歌「心音(しんおん)」も披露した。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【横山慧】

【【中島みゆき】「ご無沙汰しておりました」4年ぶりのコンサート開催、ファンの待ち望んだ再会が実現!】の続きを読む


他に見るものがなかったから、結局全部見てしまった。普通に楽しめたけどなー特にポケビとブラビ、YOASOBIは良かった\(^o^)/

1 jinjin ★ :2024/01/01(月) 08:56:54.59 ID:iL/fjw2H9
『ジャニーズのいない紅白歌合戦』に賛否両論

「やっぱ物足りないな」「KーPOPめちゃくちゃいい」


◇31日 第74回NHK紅白歌合戦(東京・NHKホール)

昨年は6組が出場した旧ジャニーズ(現SMILE―UP.)勢が44年ぶりに姿を消す中、31日のネット上では賛否両論の声が挙がった。


今年の紅白歌合戦では、故・ジャニー喜多川氏の性加害問題を受け、所属タレントが1979年以来出演していない。長年多くの「ジャニーズタレント」が出演していただけに、どのような変化が現れるのか注目されていた。

放送を受け、X(旧ツイッター)では「紅白にジャニーズいないのやっぱ物足りないな」「ジャニーズって、偉大なんだなあ、、、」「ジャニーズのいない紅白歌合戦違和感しかないけど??」「ジャニーズがいない大晦日なんて年越せねぇ」など、ジャニーズタレントが出演していないことを残念がる声が多く見られた。

一方で「ストプリが紅白とか信じられない時代になったけどジャニーズ枠が消えたせいで入ったならば新しい試みとしては賛成」「ジャニーズおらん紅白おもろいんかなって思ったけどケーポ(K―POP)めちゃくちゃいいしなんならこっちの方がいい」など、変化を歓迎する声も見られた。

今回は旧ジャニーズ勢が姿を消した一方で、新進気鋭のK―POP勢を含む若手からベテランまで多彩な顔ぶれが集結している。


https://news.yahoo.co.jp/articles/13b60d26d9b1d91eb3c19864f603f909e5818f72

no title 【【紅白歌合戦】『ジャニーズ』がいないに賛否両論  「やっぱ物足りないな」「逆に良かった」】の続きを読む



(出典 static.chunichi.co.jp)



(出典 static.chunichi.co.jp)



(出典 www.nikkansports.com)


YOASOBIの「アイドル」とばっかり思ってたのになんだかな~(; ・`д・´)

1 冬月記者 ★ :2023/12/30(土) 21:56:17.59 ID:MUwY8OWr9
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b4f71b129e0cc2998de87db01bcaf7a812f6bc4

大賞は「Mrs. GREEN APPLE」の『ケセラセラ』が初受賞【日本レコード大賞】


◇30日 第65回日本レコード大賞(東京・新国立劇場)

 第65回日本レコード大賞(日本作曲家協会主催)の最終選考会が30日に東京都内で行われ、10組の優秀作品賞の中から3人組バンド「Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)」の楽曲「ケセラセラ」が大賞を初受賞した。

 定額制音楽配信サービス(サブスクリプション)の「今年国内で最も聴かれたアーティスト1位」を主要3コンテンツで総ナメにするなど、文句なしに”2023の顔”となり、結成10周年の記念イヤーに光輝く果実を結んだ。

 同バンドは、ボーカル&ギターの大森元貴(27)、ギターの若井滉斗(27)、キーボードの藤澤涼架(30)からなる3人組。バンド名には「いつまでも熟さずに青りんごのような気持ちでやっていきたい」という思いが込められている。

 2013年に結成し、15年にミニアルバム「Variety」でメジャーデビュー。20年7月にフェーズ1(第1章)終了を宣言。

 無期限充電期間に入り、ドラムスとベーシストの脱退も発表された。約1年8カ月後の昨年3月に3人体制で活動を再開すると、爆発力は威力を増し、今年結成10周年を迎えた。

 「ケセラセラ」は、清野菜名主演のテレビ朝日系ドラマ「日曜の夜ぐらいは…」(日曜午後10時)の主題歌に起用され、自己最速ペースでストリーミング再生数が2億回を突破。

 音楽チャート「ビルボード・ジャパン」では同曲を含む11曲が「HOT100」に入り、同チャートにおけるチャートイン楽曲数最多を記録。サブスクリプションでは「Spotify」「LINE MUSIC」「APPLE MUSIC」の3大コンテンツで今年最も聴かれたアーティストに選出された。

 MTV主催の音楽アワード「VMAJ2023」でも史上初となる4冠を達成。YouTubeチャンネル登録者数も295万人を超えている。

【【順当⁉】日本レコード大賞は「Mrs. GREEN APPLE」の『ケセラセラ』が初受賞!】の続きを読む



(出典 bunshun.jp)



(出典 thisis-images.spotifycdn.com)


やっぱり「悪女」が一番好きだな~ヽ(^。^)ノ

1 湛然 ★ :2023/12/21(木) 21:44:59.14 ID:v2FotSLu9
「中島みゆき」のシングル曲で歌詞が好きだと思うのはどれ? 3曲を紹介!
12/20(水) 18:05 ねとらぼ(kotone)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9694f1c3b8ae4c4162e549074112876ab46f80aa


 唯一無二の力強い歌声と、独創的で心に残る楽曲で人気のシンガーソングライター「中島みゆき」さん。1975年のデビュー以降、日本の音楽界をリードし続けています。

 そこで今回は「『中島みゆき』のシングル曲で歌詞が好きだと思うのは?」 というテーマについて考えてみましょう。 ここでは、3曲をピックアップして紹介します。

●時代(1975年版)

 1975年にリリースされ、1993年に新バージョンが発表されている「時代」。サビの「まわるまわるよ時代は回る」という歌詞は、あまりに有名ですよね。人生での出会いと別れを歌った同曲は、薬師丸ひろ子さんなどさまざまなアーティストがカバーしていることでも知られています。

●悪女

 1981年にリリースされたシングル「悪女」。浮気をする男性に対し、奔放な女性に見られるように努める切ない気持ちが歌われた楽曲です。オリコンチャート1位を獲得した楽曲でもあり、中島さんの代表曲の一つでもあります。

●誕生

 「誕生」は、「Maybe」と合わせ中島さん初となる両A面シングルとして1992年にリリースされた楽曲です。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


合計:4595票
実施期間:2023/12/20 00:00 ~ 2023/12/27 00:00

【画像:ランキング50位~1位を見る】
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/2123987/vote_result/

【【中島みゆき】シングル曲で歌詞が好きなのはどれ?】の続きを読む



(出典 contents.oricon.co.jp)


うれしいけど、なんか紅白は迷走してるよな(; ・`д・´)

1 muffin ★ :2023/12/16(土) 22:13:24.64 ID:edHGNvEP9
https://news.yahoo.co.jp/articles/7787f40e56496be1d94955f546c62b9897ba730b
12/16(土) 22:06配信

『第74回NHK紅白歌合戦』(午後7時20分)にポケットビスケッツ&ブラックビスケッツが特別企画「テレビが届けた名曲たち」に出場することが決定した。16日に発表された。 NHKは16日、『第74回NHK紅白歌合戦』(午後7時20分)にポケットビスケッツ&ブラックビスケッツが出場することを発表した。特別企画「テレビが届けた名曲たち」に登場する。

「テレビ放送70年特別企画『テレビが届けた名曲たち』」は、テレビから生まれ、時代を彩った名曲の数々を紹介する企画となる。
 ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツは、民放の人気バラエティー番組から生まれた音楽ユニット。2組そろってのテレビ出演は21年ぶりとなる。さらに、紅白には1998年の第49回以来、25年ぶりの出場となります。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

【【待望】ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツ『紅白歌合戦』復活!25年ぶりの大舞台へ】の続きを読む



(出典 kouyanochikai.com)



(出典 i.ytimg.com)


シルエットってのがいいのかもヽ(^。^)ノ

1 muffin ★ :2023/12/02(土) 21:54:30.00 ID:C4j1S79z9
https://www.oricon.co.jp/news/2304977/full/
2023-12-02 21:07

歌い手のAdoが、きょう2日放送の同局系音楽の祭典『ベストアーティスト2023』(後7:00~後10:54)に出演。スタジオでテレビ初パフォーマンスを行った。

2020年10月、「うっせぇわ」で鮮烈にメジャーデビューし、今年の『第74回NHK紅白歌合戦』初出場や、来年2月からはデビュー3年6ヶ月という異例のスピードで世界ツアーも決定しているAdo。これまでテレビでのパフォーマンスを行ってこなかったが、デビューから3年、ついにテレビ初歌唱を行った。

ストリーミングで自身最速の初登場から8週目で1億回再生を突破するなど大ヒット中の「唱」をパフォーマンス。歌い終えるとAdoは「初めてのテレビパフォーマンスをご覧いただき、ありがとうございました」とあいさつしていた。

このパフォーマンスにファンは「まじで口から音源すぎる」「声量と安定感、うらやましい」といった声をSNSで上げていた。

関連
Adoがテレビ初歌唱 顔出しせずシルエットのみ「やっぱり顔は見えない」「紅白もシルエット?」ネット沸く
https://hochi.news/articles/20231202-OHT1T51305.html?page=1

【【Ado】スタジオでついにテレビ初歌唱、顔出しななくシルエットだけ…圧巻の歌唱力】の続きを読む

このページのトップヘ